今では「痛みを伴わない矯正」を謳っているところも増えている

矯正治療は歯並びの改善に効果が望めますが、矯正方法と治療にかかる期間は本来の歯並びや口内環境によってかなり差があるそうです。

歯並びの悪さの原因となっている歯は何本くらいあるのか、こうした歯の中で何本を矯正するのかが、治療方針や必要期間を決める上で大切なポイントになります。

歯科矯正の基本的な流れは、もともとある虫歯を治療し、その上で歯並びを確認しながら矯正の計画を立てます。

そして無事に器具を歯に装着したら、経過観察を続けていくようです。

計画を立てた段階で、おおよその今後の治療期間が分かると思います。

ケースバイケースとはいえ、歯の位置を強制的に変える歯列矯正では日々の痛みと無縁ではいられないと言われます。

ところが、歯列矯正に用いられる器具や手法も日々変革を遂げていますので、今では「痛みを伴わない矯正」を謳っているところも増えているようです。

痛みが伴うという点をネックと感じていた方も、そうした歯科にかかれば大丈夫ですね。

電動歯ブラシは便利なツールですが、特に近頃は、歯磨きをしながらホワイトニングできるという機能が付いたものがあります。

歯のステインを除去するという謳い文句ですが、これも使いすぎると歯にダメージになるので使い過ぎには注意してください。

それに、オフィスホワイトニングのように真っ白になる訳ではないですから、これでホワイトニングが完結すると期待するのも禁物ですね。

また、ホワイトニングと併せて歯列矯正を受けるというときにも、隅々まで磨き残しがないように丁寧に歯磨きをしましょう。

歯のホワイトニングには大きく分けて二つの種類があります。

歯科で全ての施術をしてもらうオフィスホワイトニングと、自分専用のマウスピースと薬剤を歯科で処方してもらって、実際の処置は自宅で自分で行っていく、ホームホワイトニングがあります。

さらなる手法としては、歯科医院でも自宅でもホワイトニングを進める中間的な手法(デュアルホワイトニング)により、デメリットを補い合うことも可能です。

専門の審美歯科にかかれば、歯並びの矯正と同時に進めることができて、大変便利です。

歯科矯正を利用する方が年々増えています。

始めてから器具を外すまでにどれくらいかかるかは、年齢や体調など様々な要素で変わりますが、最短の場合でも一年、長いと三年程度は掛かるものと思っておくといいでしょう。

人によってまちまちですから、場合によってはもっと早くできることもある一方、これより時間がかかることもあるのです。

子供の内は勿論のこと、大人で歯並びを気にされている方は、可能な限り早く歯医者さんに相談することをお勧めします。

今話題のホワイトニング。

その施術を受ければ、気になる歯の黄ばみを解消することが可能です。

ですが、その効果はあくまで一過性のものです。

しばらくは白い歯を維持できますが、ホワイトニングはあくまで表面を白くするだけで、黄ばみの原因がなくなるわけではないですから、時間が経てば当然また汚れていくことになります。

対して、歯並びを改善する歯科矯正なら、矯正の終了後、また悪化してしまうというケースはほぼ心配しなくていいといえます。

歯並びが悪いです。

治そうと思って歯科矯正をしたのですが、矯正を始めて3週間くらいで体調不良が続くようになりました。

歯科矯正が原因だなんて、思ってもみないことでした。

病院で調べてもらったのですが、もともと、自分の歯の噛み合わせが特徴あるタイプだったそうで、歯並びを変えてしまうと結構な確率で肩こりや頭痛が出ることがあるようなんです。

歯医者がもっとちゃんと説明してくれれば矯正に慎重になっちたのに、と思うと悔しいばかりです。

ヘビースモーカーであるためにハミガキをしても歯の黄ばみが取れないという方には、ホワイトニングを検討してみてはどうでしょうか。

僅かな期間で歯を白くするためには、最も合った方法です。

歯に色がつく原因としては、煙草以外に薬などもありますが、いずれにせよ、歯にダメージを与えずに白くできるのが利点です。

たとえ歯科矯正で歯並びだけ直したとしても、歯の白さが足りなければ、「口元美人」には程遠いのです。

普段の生活が忙しい程、歯並びの治療をしようと歯科矯正を考えたとしても通院頻度が気になってしまうのではないでしょうか。

矯正の治療が始まると週1回ペースで通院が必要になることもありますが、はっきり言って難しいと感じる方も多いと思います。

矯正治療では器具を付けて歯並びを良くしますが、器具を歯に装着してしまえばそれ以降の通院では器具異常のチェックや、口内の清潔さが重視されるはずです。

口内ケアを怠らず、きちんと丁寧に歯磨きをするような方は通院頻度を減らすことが出来ると思いますから、担当の歯科医に尋ねてみることをお勧めします。

歯のホワイトニングを利用するにあたり、喫煙習慣は非常に相性が悪いといえます。

ホワイトニングの中でも、自宅で行うタイプのように、一度の施術ではなく何度も繰り返してホワイトニングをしていく場合は、日々処置を進める分だけ煙草で悪化してしまうということもあります。

よって、本気でホワイトニングを進めるのであれば、禁煙するのが絶対に大事なのです。

それに加えて、歯科矯正を受けている最中の人も、喫煙はNGです。