買ってから遊ぶまでのワクワク時間

個人的に子どものころからずっと変わらない幸せの瞬間として、「新しいゲームを買ってからプレイ開始までの時間」というのがあります。
もちろんゲームで一番面白いのは(一部のよろしくないアカン作品を除けば)基本的にその内容をプレイしている時なんですが、ウキウキの待ちきれない時間というのはそれとは別の幸せがあります。

遠足や運動会の前とか家族で遠くに出かける前の夜とかワクワクしすぎて眠れないtおいう、そういう感じのアレです。

しかし現在、ゲームをゲーム屋で買う事はめっきり無くなりました。
逆に非常に増えたのが、ダウンロード販売にて購入する機会です。
それではおもちゃ屋やゲーム屋からの帰り道のワクワクがないじゃないか!
という感じもなくもありません。

ですが家庭の回線には回線速度の上限というものが存在し、さらに近年のゲームはその容量がどんどん肥大化しています。
つまり「買ってから遊ぶまでのワクワク時間」は厳然として存在するのです。

・・・ゲームによっては2日以上待たされることもあったりしますけどね。