朝に散歩をするようにしました

私が最近、健康のために気をつけていることは、適度な運動を毎日続けることです。

以前は夕方に散歩をするようにしていました。

しかし、仕事や家事などの用事が延びてしまうと、なかなか散歩をゆっくりと楽しむ余裕も時間もありませんでした。

また、買い物もついでに行っていたので、結局あまり時間が取れないような感じでした。

そのような生活が続いてくるとどうしても、体調が思わしくなくなっていきました。

そこで、生活を変えるために、朝の時間に散歩を行うようにしました。

朝に散歩をすることによって、気分も良くなり1日が良いスタートが切れるようになりました。

散歩以外にも朝に好きなことをやるようにしてから、ついつい時間に追われてやりたいことができなくなってしまったというようなことが無くなりました。

特に夏は朝のほうが夕方よりも涼しくて気持ち良く散歩が行えます。

おかげで寝つきがあまり良くなかったのですが、今ではすぐにぐっすりと眠ることができるようになりました。

 

体重の維持!

40代になった私が健康のために気をつけていること、それは体重の維持です。

歳を重ねるにつれ基礎代謝は下がってくるので、若い頃と同じものを同じ量だけ食べていたら、体重が増えてしまうのは当然です。

肥満は様々な病気の温床ともいえますから、気をつけています。

と言っても、過度なダイエットをしているわけではありません。

ジムに通ったり、スポーツを楽しんだりする習慣もないですが、日々、少しでも多く歩くように心がけています。

用事のある店舗から少し離れたところに車を止めて歩いたり、天候にもよりますが、時間があれば散歩に出掛けたりしています。

食べ物の制限も特にしてはいません。

よく言われることですが、腹八分目を心がけ、毎日、体重測定をしています。

もし体重が増えてしまったら、翌日から2~3日は、いつもよりも少しだけ食べる量を減らし、元に戻るように努めます。

これだけですが、ここ数年は大きく体重が増えることもありません。

心身ともに健康でなければ、人生を楽しむことはできません。

これからも、継続していこうと思っています。

 

中性脂肪を減らす食事

主人が40代半ばの頃、会社の健康診断で「メタボ予備軍」と診断されました。

それほど太ってはいないのですが、コレステロールと中性脂肪が高いためにメタボ予備軍に入るとの事。

特に中性脂肪は高すぎるようで、病院に行って中性脂肪を減らす薬を毎日飲むことになりました。

運動と食事についても指導されて来たので、私も協力して食生活を改善することにしました。

中性脂肪を減らすには、イワシやサバなどの青魚、豆腐や納豆などの大豆製品、キノコや野菜などの食物繊維が多い食品をとるといいそうです。

まずはそれまでトーストとコーヒーくらいだった主人の朝食を和食に変えました。

朝はあまり食欲がないようなのですが、お茶碗に半分くらいのご飯と納豆か豆腐のどちらかを少々。

野菜やキノコを入れた味噌汁も出来るだけ飲んでもらうようにしました。

夕食はご飯などの炭水化物をひかえて、野菜を使った小鉢を多くしました。

おひたしに海苔を千切って加えたりして、少しでも食物繊維が多くとれるように工夫しました。

メインが肉料理の時は野菜やキノコでかさましする方法も色々考えました。

夜にご飯を食べないので慣れるまでは物足りなかったようですが、そのぶん朝ご飯が食べられるようになりました。

今でも薬と食事療法は続けていますが、標準体重をキープし、血液検査の結果も落ち着いています。