休日はのんびり過ごすに限る

社会人として働く以上、働いている時はさまざまなことに取り囲まれてしまっているものです。あれもこれもやらなければいけない中で、無意識的に大きなストレスを抱えてしまっていることが多いです。

そこで、休日はとにかくのんびり過ごしたいです。具体的には、朝は目覚ましなどをセットせずに自分が目を覚ましたタイミングでベッドから出たいです。そして、ゆっくり食事を取りたいです。その後は、半身浴をして、ゆっくり湯船につかり、仕事の疲れをとることと、汗をかいてリフレッシュを行いたいです。

半身浴をしてリラックス出来た後は、友人や家族と出かける場合は、どこかに出かけたいです。また、特に予定がない場合は、本を読んだり、映画を観たりしてです。仕事をしている日には、ゆっくり趣味に使うことの出来る時間がないので、とにかく新しい刺激になるようなコンテンツに触れたいです。

趣味を楽しんだのちは、自炊をして凝った料理を行いたいです。

 

好きな事を的確に行ってストレスを逃がす時間をつくる

将来家族が出来ればこの考えは変わると思うのですが、現在自分の生活の大半を仕事が占めている独り暮らしの個人的な理想の休日について綴っていきます。

兎角「趣味は何ですか?」と言われると、買い物をすること・映画や美術館鑑賞・絵を描くこと・散歩することです。
自分の好きな事を行う事、適度に身体を動かすことでストレスを次の出勤までに排出できたときこそ「私はとても理想的な休日を過ごした」と考えています。
外出の内容はその時の予算によって変わりますが、1人で行動する限りは旅行などは考えていません。

現在住んでいる静岡の駅周辺の娯楽施設は非常に自分の好きな事と好きなものにマッチしていて「静岡市立美術館」、「ホビースクウェア」など数多の娯楽施設があります。

更に美味しい料理が食べられるレストランも多いので、歩くだけで心理的に楽しめる場所が多いです。
もう少し遠くへ出てもいいのですが、なるべく体力的な疲労を次の日にため込まない様にしています。
現在長期的な休日が取れないために細かい移動しかしていませんが、もし長期休暇が取れた際には旅行にチャレンジしてみようと思います。

 

妻の妊娠をきっかけに自分磨きの為に料理を始める

結婚後ちょこちょこと料理はしていたのですが妻が妊娠し、つわりで辛そうにしているのを見て料理を始めてみることにしました。
結婚してからは趣味と言えるものは無く、風呂上がりに逆立ちして腕立てをするぐらいでした。

これでは駄目だと思いお金をかけずにでき、しかも妻も喜んでくれるって最高の趣味だと思い料理生活スタートです。
始めてみて分かったのですが私は料理の才能があるのかもと思うぐらい美味しい料理が作れます。某サイトのレシピ通りに作るだけなのですけど・・・。

しかし、ささみのフライに挑戦した時に悲劇が起きました。フライを作っていたのに出来上がったささみには衣が付いてなかったのです。
この時やっぱり料理は難しいと思いました。

今年の誕生日プレゼントにグレステンのペティーナイフを妻におねだりしたら笑っていました(妻の両親にも話をしたら笑ってたみたいです)が買って貰えたので、これからも料理を続けて魅力的なパパになりたいと思います。