漢方と食事の見直しで息子がアトピーに悩まされることがなくなった

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったところのことでした。

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみを繰り返し起こし、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。

乳酸菌を体内にに入れると様々な良い結果がもたらされます。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、お腹を良くしていきます。

結果、免疫力が上がり、より多くの健康的な効果がもたらされます。

アトピーに良い効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。

乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いと言えます。

この間、インフルエンザにかかり病院を受診しました。

何日くらい潜伏期間があるものなのか明確ではないのですが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいて感染したのだろうなと考えられます。

高熱が3日間も続いて辛い思いをしました。

インフルエンザは高い熱が出続けるので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でもわかっています。

でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果はあまり期待できないのではという考えを持つ人もいます。

でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、従って身体全体の健康に大変効果的です。

ところで、乳酸菌と聞いて思いつくのはカルピスです。

小さかったころから、毎日飲用していました。

その理由は乳酸菌が入っているからです。

毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

そのわけで、私は便秘の経験がありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても身体が丈夫になりました。

花粉症になって以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

二年前から花粉症を発症し、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。

お薬を飲むことは気が乗らなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌飲料を試用してみました。

今は、これにより花粉症の症状を抑えられています。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、最も大変なことに陥ります。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも可能性が有るでしょう。

ですから、インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを連れださない方が確実かもしれません。

だいたい1~5歳くらいまでの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症というものになります。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残るケースもございます。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に出かけました。

私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、6歳ながら、注射の針を視認してうたれています。

予防接種が完了した後は怖かったーとつぶやしていました。

見ているからさらに怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も伝えれませんでした。

乳酸菌シロタ株から連想されるのは、何といってもヤクルトです。

ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせているコマーシャルにおける渡辺謙さんのお薦めをみていると、高い効果が期待できそうな気分です。