寒くなってくるこの時期はインフルエンザに気を付けたい

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザ感染し、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治った後に後遺症が残ってしまう場合もあるのです。

よくある乳製品以外でも、乳酸菌を含有した食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ調べてみたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことなのだそうです。

これって知ってましたか?
生まれて30年以上生きて来て、知らなかった事実を発見です。

元々、アトピーに有効な化粧水を毎日使っています。

知り合いから紹介された化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを大変きれいに整えてくれたのです。

今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、たいへん楽しみになりました。

顔を触る度にスベスベ素肌になったことを感じています。

以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、今ではだんだん改善されてきています。

便秘改善に効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。

友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私もヨーグルトを買いに行ってとにかく食べることにしました。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、便秘で悩むこともなくなりました。

アトピーに効果があると噂されている入浴剤をサンプルで貰い受けました。

ほとんどのものがそうですが、少しだけ使ってみないと評価できないものです。

その入浴剤はよく肌に馴染んで、良い印象を持ちました。

刺激も感じませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、潤いをよく保ちます。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として目を止める存在となっています。

オリゴ糖を添加された乳酸菌の働きはアクティブになり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、内臓環境を整調してくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも腸の働き向上や健康促進には必須な成分であるといえます。

近年、アトピー性皮膚炎の治療に利用される薬は、年ごとに高い効き目となってきていますよね。

勿論、必ず医師の指導を受けたうえで適正に使用するということが必須です。

もし、違う治療や薬剤を試したい時には、医師とよく話し合うか、主治医以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

自分勝手な判断は良い結果につながりません。

実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわれています。

約1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組がありました。

私の子供が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが断然いいそうです。

現在は毎年のように冬になればインフルエンザが大流行しています。

年を追うごとに予防注射をする人も増えてきているようですが、都市部では莫大な人数がインフルエンザになっています。

感染経路は様々考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と接触する空間でうつっていることだと思います。

どんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試してみると良いでしょう。

このごろでは、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、サプリというものも出回っています。

内臓まで届く乳酸菌飲料を試したとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。