少量を口にしただけで満腹感があるナッツはおかし代わりにおすすめ

美肌作りの一環で、お菓子の代わりにナッツを食しています。

座りっぱなしの仕事の為、つい途切れることなく甘い物などを摂ってしまい、罪悪感に苛まれることも多かった私・・・。

ナッツならば、おなかにもたまるので、少量を口にしただけで満腹感があり、加えて美容にいい栄養素ももすごいあるんですよ。

極端に食べ過ぎるとニキビが出来る時もありますが、適量ならば、日頃から補いにくい栄養を簡単に補給できます。

「糖質は少なめ」なので、ダイエット食としても効きます。

「アーモンド」「カシューナッツ」「胡桃」と組み合わせて、毎日25gを食べていますが時にはピスタチオとかブラジルナッツなんかも加えたり、どうしようもなく甘いもんが食べたいときには、ナッツのキャラメルがけやチョコレートがけをちょっとだけ食べるようにしています。

味付けがカカオ70%とかだったら、「ポリフェノール」等も摂り込みやすいので、更に美容に良いようです。

何種類もあり、いくつもの木の実の旨みを堪能できると物足りなさを感じないし、おやつとして食べ続けられるのでお勧めの食品です。

肌の水分バランスが取れていると、肌は元気な状態です。

しかし、乾燥して水分量が足りない肌だと、にきびや吹出物、小皺や毛穴のつまり等、あらゆる肌トラブルを起こしてしまいます。

化粧水のみで水分を補うようにしても、水分は角質の隙間から蒸発して肌は乾燥してしまいます。

必要な水分量をお肌に残しておくには、保湿成分入りの化粧品で確実に潤いを閉じ込めるお手入れが大切です。

保湿成分には色々な種類がありますが、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンはおもな潤い成分です。

肌に潤いを与えてくれて水分を確保し、ちょうどよい水分バランスを保ってくれます。

また、美肌には水分だけでなく油分も重要で、皮脂の分泌量が足りない時はスキンケア用品で油分を補いましょう。

エモリエント効果のある角質を柔らかくしてくれる乳液や、セラミドなどの油性の成分が配合された美容液を塗ったりすると効果があります。

保湿ケアをしっかりしていると、外部の刺激からも守られて紫外線に影響をうけにくくなります。

さらに、お肌自体が持っている機能が働くので、しっとりした美しい肌を保てます。

日頃、こどもに「野菜をちゃんと残さず食べてね!」と、言っていますが、案外私の方がちゃんと野菜を食べていない感じです。

家の子供達は、トマトが好きなので、ミニトマトを頻繁に買います。

しかし、寒い時期だと、価格が上がります。

ですから、自分が食べるよりも子どもに食べさせてしまうのです。

昼食も、野菜不足になってしまいます。

独りで食べているので、料理をする気にもならず、ぱぱっとお茶漬けなんかで済ませているのです。

お野菜が欠乏しているだけでなく栄養も足りていないと思います。

その時は、いつものご飯に青汁をプラスして飲んでいます。

青汁とは言いますが、わたくしが飲んでいるのはファイテンの桑葉青汁というもので、全く青臭くないのです。

抹茶と玄米茶を混ぜた感じでするっと飲みほせます。

それを飲んだ次の日には、必ずおなかの調子がいいです。

便秘だった場合、口の周りにニキビができたり、お腹が張って苦しいのです。

続いてしまうと、胃腸の調子が悪くなったりします。

美容と健康のためにも毎日飲むようにしています。

お湯に溶かして、ホットでも大丈夫なので、体を温められます。